Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

このページの内容:

検証環境:

  • OS

    CentOS 7.6.1810 (Core)にて検証を行いました。
    本検証はOSインストール後から行っています。

使用するツール

  • gcc,gcc-c++

    yum install gcc gcc-c++

依存関係

  • epel

     Click here to expand...

    概要

      EPELとは、エンタープライズ Linux 用の拡張パッケージです。
      RHEL からスピンオフしたディストリビューションと互換性のある、Fedora プロジェクトで有志によって作成されたリポジトリです。

     

    EPELリポジトリのインストールについて

    • CentOS 5.xの場合
      • i386の場合

        # GPG Keyのインストール
        rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-5
        
        # インストールされるrpmパッケージの確認(正常に表示されなければ、次の行は失敗する)
        curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/5/i386/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/5\/i386\/\1/g" | tail -n 1
        
        # epelリポジトリのインストール
        rpm -ivh $(curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/5/i386/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/5\/i386\/\1/g" | tail -n 1)
      • x64の場合

        # GPG Keyのインストール
        rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-5
        
        # インストールされるrpmパッケージの確認(正常に表示されなければ、次の行は失敗する)
        curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/5/x86_64/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/5\/x86_64\/\1/g" | tail -n 1
        
        # epelリポジトリのインストール
        rpm -ivh $(curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/5/x86_64/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/5\/x86_64\/\1/g" | tail -n 1)
    • CentOS 6.xの場合
      • i386の場合

        # GPG Keyのインストール
        rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
         
        # インストールされるrpmパッケージの確認(正常に表示されなければ、次の行は失敗する)
        curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/i386/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/6\/i386\/\1/g" | tail -n 1
         
        # epelリポジトリのインストール
        rpm -ivh $(curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/i386/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/6\/i386\/\1/g" | tail -n 1)
      • x64の場合

        # GPG Keyのインストール
        rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
         
        # インストールされるrpmパッケージの確認(正常に表示されなければ、次の行は失敗する)
        curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/6\/x86_64\/\1/g" | tail -n 1
         
        # epelリポジトリのインストール
        rpm -ivh $(curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/6\/x86_64\/\1/g" | tail -n 1)
    • CentOS7の場合 
      • x64の場合

        yum install epel-release

手順

# Python3.4をインストール
yum install python34 python34-libs python34-devel python34-pip

# pipのアップグレード
pip3.4 install --upgrade pip

# Jupyter Notebookのインストール
pip3.4 install notebook

Firewallの設定

# Server用ポート8888をオープン
firewall-cmd --add-port=8888/tcp --permanent

# Firewallの設定適用
firewall-cmd --reload


サーバ起動

# 設定ファイル作成
jupyter notebook --generate-config

# 他のホストからのアクセスを許可する
sed -i "s/#c.NotebookApp.ip = 'localhost'/c.NotebookApp.ip = '0.0.0.0'/g" /root/.jupyter/jupyter_notebook_config.py

# サーバ起動
jupyter notebook --allow-root
サーバ起動時のログ

[root@localhost ~]# jupyter notebook --allow-root
[I 00:28:19.552 NotebookApp] Serving notebooks from local directory: /root
[I 00:28:19.552 NotebookApp] The Jupyter Notebook is running at:
[I 00:28:19.553 NotebookApp] http://(localhost.localdomain or 127.0.0.1):8888/?token=94401dc997a9155bdb00f48e06ceeea281e0b46b0d601fe4 # ブラウザからログインする場合は左記のtokenをつけてアクセスしてください。
[I 00:28:19.553 NotebookApp] Use Control-C to stop this server and shut down all kernels (twice to skip confirmation).
[W 00:28:19.557 NotebookApp] No web browser found: could not locate runnable browser.
[C 00:28:19.558 NotebookApp]

    To access the notebook, open this file in a browser:
        file:///run/user/0/jupyter/nbserver-7995-open.html
    Or copy and paste one of these URLs:
        http://(localhost.localdomain or 127.0.0.1):8888/?token=94401dc997a9155bdb00f48e06ceeea281e0b46b0d601fe4

Webブラウザからアクセス

サーバ起動時に出力したトークンを含めたURLでアクセスすると上記のページが表示されます。

サンプルコード実行

  1. 必要なライブラリのインストールとサーバ起動

    # サンプルコードに使用するライブラリをインストール
    pip3.4 install matplotlib
    
    # サーバ起動
    jupyter notebook --allow-root
  2. Webブラウザからファイルを作成

    1. 図の①のFileを選択します。
    2. 図の②のPython3を選択します。
      1. 使用するPythonのバージョンは適宜選択してください。
  3. サンプルコード入力
    1. 図の①にコードを入力します。

      %pylab inline
      x = np.linspace(0,10)
      plt.plot(x, np.sin(x), x, np.cos(x))
  4. 実行
    1. 図の①の「Run」ボタンをクリックするとグラフが表示されます。
  • No labels
Write a comment…