Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

このページの内容:

検証環境:

  • OS

    CentOS 7.6.1810 (Core)にて検証を行いました。
    本検証はOSインストール後から行っています。

  • 使用したNNablaバージョン

    NNabla 0.9.9

    ※インストール後に使用するサンプルプログラムも適宜対応バージョンを揃えると円滑にチェックをすることが可能です。

使用するツール

  • pip3.4

    # Python3.4をインストール
    yum install python34 python34-libs python34-devel python34-pip

手順

# pipのアップグレード
pip3.4 install --upgrade pip

# NNablaのインストール
pip3.4 install nnabla

## CUDAを使用する場合は下記のCUDAライブラリとCUDA関連のインストールをする必要があります。
###  pip install -U nnabla-ext-cuda


サンプル実行

  1. 追加ライブラリ

    pip3.4 install -U matplotlib
    pip3.4 install -U scikit-learn
  2. Jupyter Notebookのインストール

     Click here to expand...

    このページの内容:

    検証環境:

    • OS

      CentOS 7.6.1810 (Core)にて検証を行いました。
      本検証はOSインストール後から行っています。

    使用するツール

    • gcc,gcc-c++

      yum install gcc gcc-c++

    依存関係

    • epel

       Click here to expand...

      概要

        EPELとは、エンタープライズ Linux 用の拡張パッケージです。
        RHEL からスピンオフしたディストリビューションと互換性のある、Fedora プロジェクトで有志によって作成されたリポジトリです。

       

      EPELリポジトリのインストールについて

      • CentOS 5.xの場合
        • i386の場合

          # GPG Keyのインストール
          rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-5
          
          # インストールされるrpmパッケージの確認(正常に表示されなければ、次の行は失敗する)
          curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/5/i386/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/5\/i386\/\1/g" | tail -n 1
          
          # epelリポジトリのインストール
          rpm -ivh $(curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/5/i386/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/5\/i386\/\1/g" | tail -n 1)
        • x64の場合

          # GPG Keyのインストール
          rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-5
          
          # インストールされるrpmパッケージの確認(正常に表示されなければ、次の行は失敗する)
          curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/5/x86_64/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/5\/x86_64\/\1/g" | tail -n 1
          
          # epelリポジトリのインストール
          rpm -ivh $(curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/5/x86_64/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/5\/x86_64\/\1/g" | tail -n 1)
      • CentOS 6.xの場合
        • i386の場合

          # GPG Keyのインストール
          rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
           
          # インストールされるrpmパッケージの確認(正常に表示されなければ、次の行は失敗する)
          curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/i386/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/6\/i386\/\1/g" | tail -n 1
           
          # epelリポジトリのインストール
          rpm -ivh $(curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/i386/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/6\/i386\/\1/g" | tail -n 1)
        • x64の場合

          # GPG Keyのインストール
          rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
           
          # インストールされるrpmパッケージの確認(正常に表示されなければ、次の行は失敗する)
          curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/6\/x86_64\/\1/g" | tail -n 1
           
          # epelリポジトリのインストール
          rpm -ivh $(curl http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/ | grep epel-release | sed -e "s/^.*\(epel-release-.*rpm\).*$/http:\/\/ftp.riken.jp\/Linux\/fedora\/epel\/6\/x86_64\/\1/g" | tail -n 1)
      • CentOS7の場合 
        • x64の場合

          yum install epel-release

    手順

    # Python3.4をインストール
    yum install python34 python34-libs python34-devel python34-pip
    
    # pipのアップグレード
    pip3.4 install --upgrade pip
    
    # Jupyter Notebookのインストール
    pip3.4 install notebook

    Firewallの設定

    # Server用ポート8888をオープン
    firewall-cmd --add-port=8888/tcp --permanent
    
    # Firewallの設定適用
    firewall-cmd --reload


    サーバ起動

    # 設定ファイル作成
    jupyter notebook --generate-config
    
    # 他のホストからのアクセスを許可する
    sed -i "s/#c.NotebookApp.ip = 'localhost'/c.NotebookApp.ip = '0.0.0.0'/g" /root/.jupyter/jupyter_notebook_config.py
    
    # サーバ起動
    jupyter notebook --allow-root
    サーバ起動時のログ

    [root@localhost ~]# jupyter notebook --allow-root
    [I 00:28:19.552 NotebookApp] Serving notebooks from local directory: /root
    [I 00:28:19.552 NotebookApp] The Jupyter Notebook is running at:
    [I 00:28:19.553 NotebookApp] http://(localhost.localdomain or 127.0.0.1):8888/?token=94401dc997a9155bdb00f48e06ceeea281e0b46b0d601fe4 # ブラウザからログインする場合は左記のtokenをつけてアクセスしてください。
    [I 00:28:19.553 NotebookApp] Use Control-C to stop this server and shut down all kernels (twice to skip confirmation).
    [W 00:28:19.557 NotebookApp] No web browser found: could not locate runnable browser.
    [C 00:28:19.558 NotebookApp]

        To access the notebook, open this file in a browser:
            file:///run/user/0/jupyter/nbserver-7995-open.html
        Or copy and paste one of these URLs:
            http://(localhost.localdomain or 127.0.0.1):8888/?token=94401dc997a9155bdb00f48e06ceeea281e0b46b0d601fe4

    Webブラウザからアクセス

    サーバ起動時に出力したトークンを含めたURLでアクセスすると上記のページが表示されます。

    サンプルコード実行

    1. 必要なライブラリのインストールとサーバ起動

      # サンプルコードに使用するライブラリをインストール
      pip3.4 install matplotlib
      
      # サーバ起動
      jupyter notebook --allow-root
    2. Webブラウザからファイルを作成

      1. 図の①のFileを選択します。
      2. 図の②のPython3を選択します。
        1. 使用するPythonのバージョンは適宜選択してください。
    3. サンプルコード入力
      1. 図の①にコードを入力します。

        %pylab inline
        x = np.linspace(0,10)
        plt.plot(x, np.sin(x), x, np.cos(x))
    4. 実行
      1. 図の①の「Run」ボタンをクリックするとグラフが表示されます。

    Jupyter Notebookは必須ではありませんがわかりやすくするために導入しております。

  3. サンプルコードの取得
    1. サンプルコード
      1. https://raw.githubusercontent.com/sony/nnabla/v0.9.9/tutorial/by_examples.ipynb
        1. CUDA無しバージョン(CUDAが使えない環境では下記を使用してください。)
          1. by_examples_remove_cuda.ipynb
    2. サンプルコードで読み込んでいるプログラムコード
      1. https://raw.githubusercontent.com/sony/nnabla/v0.9.9/tutorial/tiny_digits.py
        1. by_examples.ipynbを実行する際には必要になります。

      上記2ファイルを使用します。
      また、サンプルコードはインストールしたバージョンに合わせる必要がある場合もありますので適宜取得してください。

  4. WebブラウザでJupyter Notebookにアクセスとサンプルコードのアップロード
    1. Webブラウザでアクセスしております。
    2. 図の①をクリックし、前項で取得したファイルを2つアップロードします。
  5. サンプルコードへアクセス
    1. 図の①(by_examples.ipynb)のチェックボックスにチェックを入れます。
    2. 図の②の「View」ボタンをクリックします。
  6. サンプルコードの実行
    1. 図の①の「Kernel」を選択します。
    2. 図の②の「Restart & Run All」をクリックします。
  7. 実行後の結果

     Click here to expand...

    注意

    CUDAが使える環境で実行していないため、CUDAを使用する箇所だけ省いて実行しております。




  • No labels
Write a comment…