Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

このページの内容:

検証環境:

  • OS

    CentOS 7.4.1708にて検証を行いました。
    本検証環境はミニマムインストールを行ったOSを使用しています。


 依存関係

  • ruby,ruby-devel,rubygems

    yum install ruby ruby-devel rubygems



  • ImageMagick-devel

    yum install ImageMagick-devel

    インストールしなくてもコンパイルすることが可能

     

 インストールに必要なツール

  • bundler

    yum install bundler



  • wget(CentOS6.xのミニマムインストールではインストールされないため)

    yum install wget

Redmine 2.4.0のインストール手順

Redmine 2.4.0のインストール手順を記載しております。
Redmineに使用するDBは、MySQL以外にPostgreSQLやSQLiteも使用できますが、MySQL前提で説明しています。

  1. redmineの起動に必要なデータのインストール

    # ユーザ作成
    useradd redmine  -s /sbin/nologin
    
    # 作業ディレクトリの作成
    mkdir -p /usr/local/src/redmine
    
    # 作業ディレクトリに移動
    cd /usr/local/src/redmine
    
    # Redmine 2.4.0ダウンロード
    wget http://files.rubyforge.vm.bytemark.co.uk/redmine/redmine-2.4.0.tar.gz
    
    # ダウンロードしたデータを解凍
    tar xvzf redmine-2.4.0.tar.gz
    
    # 解凍先へ移動
    cd redmine-2.4.0
    
    # 必要なライブラリをダウンロードする
    # この手順書は、MySQLを「/usr/local/mysql/」にインストールした前提で記述しているため、環境によっては適宜書き換える必要がある
    export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/mysql/lib
    gem install mysql -v 2.8.1 -- --with-mysql-lib=/usr/local/mysql/lib --with-mysql-config=/usr/local/mysql/bin/mysql_config
    
    # 必要なライブラリを一斉にダウンロードする
    bundle install --without development test postgresql sqlite



  2. MySQLにログインし、Redmineで使用するDBを作成する

    create database redmine character set utf8;
    create user 'redmine'@'localhost' identified by 'my_password';
    grant all privileges on redmine.* to 'redmine'@'localhost';



  3. Redmineの設定

    # 作業ディレクトリに移動
    cd /usr/local/src/redmine
    
    # 設定ファイルの作成
    cp -p config/database.yml.example config/database.yml
    
    # 設定ファイルを書き換える(設定ファイル例を参考に書き換える)
    vi config/database.yml
    設定ファイル例

    production:
      adapter: mysql
      database: redmine
      host: localhost
      username: redmine
      password: my_password
      encoding: utf8

    MySQLにアクセスするために使用するアダプターですが、
    Ruby 1.8以前のバージョンを使用していた場合「mysql」を使用します。
    Ruby 1.9以降のバージョンを使用する場合は「mysql2」になるので注意が必要です



  4. セッションストア秘密鍵を生成する

    rake generate_secret_token



  5. データベース上にテーブルを作成する

    RAILS_ENV=production rake db:migrate



  6. デフォルトデータをデータベースに登録

    RAILS_ENV=production rake redmine:load_default_data
    デフォルトデータをデータベースに登録コマンドを実行した際の例

     [root@localhost redmine-2.4.0]# RAILS_ENV=production rake redmine:load_default_data
    [deprecated] I18n.enforce_available_locales will default to true in the future. If you really want to skip validation of your locale you can set I18n.enforce_available_locales = false to avoid this message.

    Select language: ar, az, bg, bs, ca, cs, da, de, el, en, en-GB, es, et, eu, fa, fi, fr, gl, he, hr, hu, id, it, ja, ko, lt, lv, mk, mn, nl, no, pl, pt, pt-BR, ro, ru, sk, sl, sq, sr, sr-YU, sv, th, tr, uk, vi, zh, zh-TW [en] ja ←jaを選択します
    ====================================
    Default configuration data loaded.




  7. パーミッションの設定

    mkdir tmp public/plugin_assets
    sudo chown -R redmine:redmine files log tmp public/plugin_assets
    sudo chmod -R 755 files log tmp public/plugin_assets



  8. テスト実行

    ruby script/rails server webrick -e production

    上記のコマンドでサーバが起動します。


  9. defaultの管理者でログインする

    defaultのログインパスワード
    • login: admin
    • password: admin

ログ肥大化の対応

defaultの設定の場合、Debugのログなども出力してしまうため、ログが肥大化します。
本項目でログの肥大化対策の設定例を記載します。

  1. インストール

    # 作業ディレクトリに移動
    cd /usr/local/src/redmine
     
    # 設定ファイルの作成
    cp -p config/additional_environment.rb.example config/additional_environment.rb
     
    # 設定ファイルを書き換える(設定ファイル例を参考に書き換える)
    vi config/additional_environment.rb



  2. 設定ファイルの例

    設定ファイル例

    #Logger.new(PATH,NUM_FILES_TO_ROTATE,FILE_SIZE)
    config.logger = Logger.new(config.log_path, 2, 1000000)
    config.logger.level = Logger::INFO

環境変数の設定

 特になし

  • No labels
Write a comment…